2020年前澤社長お年玉で社会実験

考え方

あけましておめでとうございます。

前澤社長新年早々さすがです。昨年も話題になった100万円お年玉企画。今年は総額10億円になって帰ってきました。(100万円×1,000人)

実際に去年お年玉企画に当選した人と出会った身としては、この企画より身近に感じてしまっております。(そんなことを言っても当たるわけではない笑)

昨年は企画の趣旨がよくわかっていませんでしたが、今年は前澤さんがYouTubeやnoteを使って趣旨を説明していますので、そちらを見ていきましょう。

お年玉で社会実験

今回の当選者に対して、前澤さんは継続的に連絡をとる旨を動画の中で話しています。というのも、去年のお年玉企画を経て、100万円でその人の人生のある「きっかけ」になっていることを知り、もっと具体的にその結果を今回の企画では知りたいということです。

前回、100万円を手にした人の多くは、そのお金をその人にとって有意義なものにしていったのでしょう。今回もそのような人が当選すると素敵ですね。

僕が出会った100万円当選者

https://twitter.com/akaoto_saka

前澤さんが考えていることの考察

これは僕の想像でしかないですが、前澤さんは日本をもっと自分の影響で盛り上げていきたいと考えているのではないでしょうか?前澤さんほどの財力を持った人が行きつく先、それは彼の理想とする社会の実現なのではないでしょうか。いろいろなニュースが飛び交いますが、前澤さんは人生を楽しんで生きているように見えます。そんなふうに生きる人がたくさんいる社会はもっと楽しいとか考えてそうだなと思っています。YouTube等でさらにアウトプットの環境を増やし続けている前澤さん、今後の活躍も期待です。

(僕ももっと頑張らないといけないですね笑)

以下は今回のお年玉企画のYouTube動画です。前澤さんの思いが伝わる内容になっています。

#09【総額10億円】100万円が1000名に当たるTwitterお年玉キャンペーン!

僕がもし当選したら

当選したときのために想像だけはしておきましょう(笑)

もし当選したら、僕はわくわくすることに投資したいと思います。最近特に気になっているのはアドレスホッパーという生き方で、僕自身はバンライフでそれを実現してみたいなと思っています。そんな生き方があることを周りに発信して、それで生活していく。そしてそんな働き方もあるんだよっていうことを地方の若者に発信していきたいです。地方は今でも明らかに都市部と比較すると情報の質が落ちます。情報格差というものは間違いなく存在しています。そんな人たちに新鮮な情報を届けるには、そんな地方出身の面白い人が実際に彼らに会いに行って伝えることが必要なのではないかと思っています。ちょっと意識高めなこと言ってますが、もしもの話なので許してね(笑)

最後に

新年早々楽しませてくれますね。これに負けずに僕も楽しいことしていきます。

みんなもぜひ運試しに挑戦してみてはいかがでしょう。

Life is an adventure…

考え方
スポンサーリンク
こーだいをフォローする
こーだい

九州出身 東京在住 4年目サラリーマン
遊びながら稼ぐ / ゆるりと楽しむ

ブログやライターで楽しみながら新時代の働き方を楽しんでいます

■趣味
旅、カメラ、料理、コーヒー、英語 (TOEIC 895)
■そのほか
タビゼミ、セブ留学(6ヶ月)、NZ留学(2ヶ月)、無人島プロジェクト

こーだいをフォローする
Kodalog / 遊ぶ、稼ぐ、楽しむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました