【Lightroom】アニメ風レタッチに挑戦!

Camera

本記事では簡単にできるアニメ風レタッチの紹介をします。

カメラを始めていろいろな作品を見ていくと「この作品の雰囲気好き!」というものが出てきます。僕はTwitterで他の人の作品を見ることが多いのですが、先日ふと目に入ったこちらの写真に胸を射抜かれました。

 

田舎の風景なのですが、まるでアニメの世界に入り込んだような作品です。僕の普段のレタッチとはまるで違うレタッチ、どんな風に調整するとできるのだろうかといろいろ試してみました。

今回利用した写真はこちらです。

レタッチ前提でかなり暗めに撮影しています。

Step1 自動補正で適度に調整

まずは暗すぎるのでLightroomの自動補正機能を使います。元の写真が十分明るい場合はスキップしても構いません。

自動補正は簡単にある程度きれいに写真を補正することができます。まだ少し暗めですが、元の写真と比較するとかなりいい感じになっています。

Step2 階調の設定

階調の各種パラメータをいじります。まずは下記3つのパラメータをいじってみましょう。

露光量・ハイライト・シャドウ
露光量…明るさ調整です。今回は夜の撮影だったので、はっきり見えるように露光量を上げています。
ハイライト…明るい部分の調整。ハイライトを下げて明るすぎる場所の光を落とします。
シャドウ…暗い部分の調整。シャドウを上げて暗すぎる場所の光を明るくします。
ハイライトとシャドウを調整して、全体の明暗差を減らすことでアニメ風の作品に仕上げます。
 
前後比較をするとこんな感じになります。これだけで少しだけアニメ風に見えてきませんか?

Step3 外観の調整

外観の各種パラメータをいじります。今回調整するのはこちらのパラメータ。

テクスチャ・明瞭度・かすみの除去・自然な彩度・彩度
テクスチャ、明瞭度、かすみの除去…写真をふわっと仕上げるために使います。マイナス補正を行うことで、写真内の境界が緩みます・
自然な彩度、彩度…色を派手にする。アニメ風にするには発色を派手にします。現実よりも目立つようにプラス補正を行います。
前後比較は以下
どうでしょうか?これだけでかなりアニメ風の作品に仕上がっていると思います。これまでいじってきたパラメータをさらに微調整することで自分なりのアニメ風作品を仕上げることができるはずです。

番外編 トリミング

今回レタッチした作品は、奥の明るい部分をより強調するために手前をトリミングで削り取ってしまいます。そのままでもいいのですが、真ん中を強調することでより僕好みの作品に仕上げます。

いかがでしょう?アニメのワンシーンのような作品になっていると思います。トリミングしたことで強調したい部分が明確になり、より印象深い作品になっています。

終わりに

簡単なパラメータ変更でアニメ風レタッチができてしまいます!Photoshop等を使うとよりそれっぽく仕上がるかと思いますが、Lightroomだけでも十分素敵な作品作りができるのでぜひ挑戦してみてください。

参考になったという方はぜひレタッチした写真を@Kodai_U0411にメンション飛ばしてツイートしてください。ぜひ僕に皆さんの作品を見せてください!

Life is an adventure…

 

Camera
スポンサーリンク
こーだいをフォローする
こーだい

九州出身 東京在住 4年目サラリーマン
遊びながら稼ぐ / ゆるりと楽しむ

ブログやライターで楽しみながら新時代の働き方を楽しんでいます

■趣味
旅、カメラ、料理、コーヒー、英語 (TOEIC 895)
■そのほか
タビゼミ、セブ留学(6ヶ月)、NZ留学(2ヶ月)、無人島プロジェクト

こーだいをフォローする
Kodalog / 遊ぶ、稼ぐ、楽しむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました