【早朝便】羽田で空港泊はできるのか?

Travel

こんにちは。こーだいです。

みなさん旅行に行くとき、できるだけ航空券の費用を抑えたいだとか、行き先での時間を存分に楽しみたい等のことで早朝便を利用することもあるかと思います。早朝便を利用するときの難点は、始発で空港に向かってもフライトに間に合わないという点です。そんな時どうするか…そう、空港泊をしましょう!(今回は羽田空港です)

先日、朝6時初のフライトのため、羽田で空港泊を決行しました。羽田で空港泊をするときのポイントを記事にまとめていきます。

 

羽田で空港泊するなら国際線ターミナル

まず、一番重要なポイントは、羽田空港はすべてのターミナルが24時間稼働しているわけではありません。実は24時間空いているのは国際線ターミナルだけなのです。ですので、早朝の国内線を利用するために空港泊をする人は、フライト前日の夜に国際線ターミナルに向かいましょう。

 

寝床確保

夜に国際線ターミナルにつくとわかるのですが、とてもたくさんの人が空港にいます。というのも国際線は夜行便もあるため、そのフライトに搭乗する人たちもターミナルにはいるのです。もちろん早朝便のために来ている人もたくさんいます。基本空港泊の寝床としては、空港のベンチ等になるわけですが、多くの人がベンチを取り合います。人によってはベンチで横になる人もいるため、1人で3,4席を占領するなんてこともあります。いざゆっくりするというときに席がないと大変な思いをするため、自分の席はきちんと確保しておきましょう。国際線ターミナルのベンチではところどころに充電できる場所があります。おすすめはその近くに自分の場所を陣取ることです。そうすることで、スマホやPCの充電を気にすることなく夜をすごすことができます。

 

食糧確保

深夜の羽田空港では24時間稼働している店舗が複数存在しています。そんな中で私が利用したことがあるのは、1Fにあるローソンと、出発ターミナルにある吉野屋です。そのほか、モスバーガーや、24時間の居酒屋もあるので、小腹がすいた場合、ある程度柔軟に対応することができます。できることなら空港につく前に近所のスーパー等で食料調達できているとよりコストを抑えた宿泊が可能となります。

  

 

危なくないの?

羽田で空港泊ということで、多くの方から危なくないの?と聞かれることがあります。今のところ私はスリにあうなど危険な目にあったことはありません。なんといっても日本の空港です。海外の空港と違い、基本的に治安はいいので、そこまで危なくはないと思います。私は寝るときは一応バックを足に絡ませて、勝手に持っていけないように対応はしています。海外で空港泊するときは、さすがにもう少し気をつけます(笑)

  

 

快適ですか?

空港泊は快適とはいいがたいです。横になれる場所もありますが、そもそも寝るように作られている設備ではないので、あくまで仮眠をするという位置づけになるかと思います。人によっては寝れずに一晩を過ごすこともあり得ます。もし空港泊を少しでも快適なものにしたいというのであれば、エアピローやマットレス等のトラベルグッズを事前に用意して、対策をしておきましょう。空港泊で体力消耗して旅先で楽しむことができなかったとなれば本末転倒です。

さて、今回はざっくりと羽田で空港泊をすることについてまとめました。個人的に空港泊は旅感が出てわくわくします。快適ではありませんが、だからこそ感じる高揚感というものはぜひ一度味わっていただきたいものです。格安旅を求める旅人にとっては避けて通れぬ空港泊、興味がある方はぜひ一度試してみてください。

Life is an adventure…

Travel
スポンサーリンク
こーだいをフォローする
こーだい

九州出身 東京在住 4年目サラリーマン
遊びながら稼ぐ / ゆるりと楽しむ

ブログやライターで楽しみながら新時代の働き方を楽しんでいます

■趣味
旅、カメラ、料理、コーヒー、英語 (TOEIC 895)
■そのほか
タビゼミ、セブ留学(6ヶ月)、NZ留学(2ヶ月)、無人島プロジェクト

こーだいをフォローする
Kodalog / 遊ぶ、稼ぐ、楽しむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました