アメリカ人の働き方

仕事

こんにちは。

3年目サラリーマン「こーだい」です。

最近アメリカ人と仕事をすることが多いです。2年間日本人相手に仕事をしてきて、3年目となり、ようやく海外とのやり取りをさせてもらっているのですが、日本人とアメリカ人で働き方に大きな違いがあることがわかってきました。私の体験を通してアメリカ人の働き方を伝えたいと思います。

 

私が感じたアメリカ人の働き方

最速の結果を求める

アメリカ人は結果を求めて働きます。というのも、アメリカは完全に成果主義の世界です。日本と異なり、その人が不要と判断されれば立ちどころにレイオフされます。出勤したらその日のうちに上司に呼び出されて「今日から君の仕事はないよ」といわれることもあるそうです。そのため、常に結果を出すためにどうすればいいのかということを考えて行動しています。これに対して、日本人の場合、結果はもちろんですが、途中のプロセスにもこだわります。日本人の感覚でアメリカ人と話していると、そのプロセスに何の意味があるの?という質問をよく受けます。彼らからすると、結果をいかに早く得られるのかということが第一なのです。日本人はダブルチェック、トリプルチェック等の複数層の承認を好みます。結果を求めている点は同じですが、スピード感はかなり違います。

意思決定が速い

1つ目でも少し話しましたが、アメリカ人は結果が伴うのであれば途中のプロセスはそこまで重要視しません。また、失敗したら次改善すればいいという考え方を持っている人が多く、何事も試行回数が多い傾向があります。そのため、何かを決めるときにある程度の材料がそろっていれば大体その場で決定を下します。無茶な意思決定はしないが、多少のリスクは取って素早い行動をとるというイメージです。日本人の場合、意思決定が遅い場合が多いです。なんにするにしても複数人の同意を経て意思決定をなす場合が多いです。その代わり、意思決定後の結果の精度は非常に高くなっています。日本人の考え方の根底に、一度の失敗も許さないという考え方が多少なりあるのかなと思います。

プロ意識が高い

働いてみて思うのですが、アメリカ人は非常にプロ意識が高いです。この背景には、日本とアメリカの採用方法の違いも関係しているのかもしれません。アメリカの場合、ポジションごとに求人が出ています。一度そのポジションについたらその仕事のスペシャリストとして、仕事を任せられます。そのため、彼らは自らのポジションに対して非常に強い誇りを持っています。当事者意識が非常に強く、自らのポジションにかかわる業務は積極的にアクションを起こします。日本の場合、採用はポジションごとというよりは総合職、一般職、技術職といったような採用形式がメジャーです。そのため、日本にはジョブローテーションという文化があり、数年ごとに様々なポジションを経験することが多いです。総合職であれば、最終的にマネジメントができる立場になることを求められるので、スペシャリストというよりは、幅広くいろいろなことを知っているジェネラリストを育成することが多いです

 

アメリカ人と働いて意外だったこと

日本人は世界でも勤勉といわれています。その由縁は過度な残業時間ともいわれていますが。。。一方で、海外は自由に仕事をしているイメージが強く、アメリカ人は仕事とプライベートをきちっと分けていて、残業なんてしないのだろうと思っていました。しかし、事情はちょっと違うようです。

意外と夜遅くまで仕事をしている

私が今一緒に仕事をしているアメリカ人はサンフランシスコで働いています。日本との時差は16時間。日本の朝9時がサンフランシスコの午後5時です。朝方はぎりぎり連絡がつくことが多く、会議などはこの時間に設定されます。会議等を済ませて、昼間のうちにメールを送ることが多いのですが、日本時間の12時を過ぎてメールを送ってもすぐに返信が来ることがあります。日本の12時といえばサンフランシスコは8時。残業はせずにすぐに帰ると思っていた私としては驚きでした。

サンフランシスコの働き方

そんなことがあり、サンフランシスで働く人の働き方を少し調べてみました。するとなるほどなと思うことがあったのです。

サンフランシスコで働く人は早く帰って家で仕事をしている

ということです。アメリカは車社会です。みんなが一斉に変える時間は道路が非常に混雑します。それを回避するため日、職場を早めに出る人が多いようです。アメリカ人は家族との時間を非常に大切にしており、夕食などの家族の時間はしっかりと取ります。家族との時間を取った後に再び働き始めるという人が多いらしいのです。成果をきちっと出すための働き方をしているという風に感じました。プライベートの時間もきちっと取ったうえで仕事上の成果を出すための行動をとる。素敵な働き方だなと思います。(寝る前に働きたいかといわれると何とも言えませんが笑)

終わりに

みなさんいかがでしたか?日本人とはまた違った働き方をしているアメリカ人。一緒に仕事をしていていつも思うのですが、少しでもすきを見せると相手のペースに引っ張られます。そのため、私は何か思ったときはなんでもいいから言葉を発するようにしています。そうすることで、どうしたの?と質問してもらい、自分の話す時間を作るようにしています。最近は日本でも働き方改革がどんどん進められていますね。私個人としては、働き方は一律ではなく、それぞれの生活スタイルに合わせて自由に選択できるようになっていくことが一番かなと思っています。

それでは今日はこのあたりで。

Life is an adventure…

コメント

タイトルとURLをコピーしました